トップ

アイロンプリントで手作り

手作りでTシャツを作るには

オリジナルTシャツの作り方

子供さんの運動会や学芸会などのイベントの際に、オリジナルTシャツを用意しておくことは子供さんの思い出にも残りやすくなりますし、親にとっても大変思い出深いものとなります。オリジナルTシャツを業者の方に任せるならば、ネットを利用して探すようなことが多くなると思いますが、せっかくの晴れ舞台には手作りのオリジナルTシャツを作ってみるというのもひとつの選択肢だと言えるでしょう。

オリジナルTシャツを手作りで作る際には、大きく分けて「アイロンプリント」「サンラバー」「シルクスクリーン」の3つの方法が存在します。それぞれ、様々な特徴を持った方法ですので、Tシャツの用途や予算、手間などを考えて方法を選択するとよいでしょう。

アイロンプリントは、3つの方法の中でも最も手軽に安く作成することができる方法です。アイロンでTシャツにプリントをするだけなので、耐久性にはやや難があります。

好きな形に切った専用シートをアイロンを利用して貼り付けるサンラバーは、アイロンプリントよりも耐久性を求めたい方におすすめです。切り抜きはカッターを利用して行うので、手先の器用さが必要になってきます。

シルクスクリーンは、3つの方法の中で最も本格的なものです。デザインをインクの通る部分と通らない部分に分けて、Tシャツに貼ってからインクを通していきます。インクでデザインをプリントするため非常に本格的なプリントをすることが可能ですが、手間とお金はかかってしまう方法になります。

これらの方法のうち、コストや手間を考えて自分にとって最適な方法を利用して作成してみましょう。

Copyright © 手作りでTシャツを作るには. All rights reserved.